2014年04月28日

新聞のコラムの「妖怪」から見る「東方」

 どうもETCマイレージの登録をしようと思ってよくよく見てみると、自前の車載器が無いと登録できない事( http://www.smile-etc.jp/guide/qa/03.html#05 )がわかった狐です。
 自前で車を持つよりも、保険だとか車検の費用、また普段の利用頻度を考えたら、との事で専ら必要な時にレンタカーやらカーシェアで車を借りて使っている身からすると思わぬハードル。流石にそうした借りる車の車載器を勝手に登録する訳にはいかないでしょうから、ある意味どうしようもありません。
 最もETC自体が基本はクレジット決済が前提ですから、下手な割引よりもクレジットでの利用を通じてカードのポイントを貯め、そちらを何等かの商品券だとかに変えてしまった形で正規の割引に相当する還元可能、との見方も出来るものです。
 冷静に見返れば月々の利用回数には変動も多くありますから、そこを考慮すれば現状では十分に足りる、とも考えられます。そもそも今春からのETC割引自体の大幅縮小もあって、同時に値上がったガス代だとかも考慮すれば、鉄道や高速バスの方が安い時も増えたもの。そうなればちょっとしたETC割引目当てに色々とする労力が割に合わなくなってきている、とも言えそうです。

 さてそんな先日、用事ありまして山梨へと行ってまいりました。今回は片道を御殿場からの路線バスの乗継、帰りは中央線の普通電車とのんびりと行き来した具合ですが、その帰りに購入した4月21日付の山梨日日新聞のコラム「風林火山」が「妖怪」に着目しておりました。
 コラムの内容自体は「妖怪ウォッチ」なる最近流行っているとのゲームを、かつてのポケモンに匹敵する存在ではないか、と紹介する形で始まっているものですが、更にその中より「妖怪」の存在が大人の世界でもブームになっている、と運んでいます。
 更に江戸時代後期にも妖怪ブームが生じたとし、その辺りを以て東日本大震災や原発事故、更に改憲論議と言った既存の「秩序」が脅かされているからこそ、「妖怪」ブームが生じているのではないか、と結んでいるのは新聞らしい、と言えるのですが面白い着眼点だとは思えたものです。

 正直なところ、私にとって妖怪とは親しみを感じる存在であります。
 それは元々好ましく思う狐やらお稲荷さんと言った辺りからもあれば、同人趣味にて活動している「東方project」に至っては外の世界では否定された「妖怪」やらが住まう幻想郷が舞台となりますから、そうした趣向を通じて多くは意識の中でありますが「妖怪」とは日常的な存在とすら言えてしまえるでしょう。
 そしてまた振り返りますと、こうした狐やお稲荷さんから東方に至る「妖怪」的な要素を有する存在に魅力を感じ、自らの中に取り込んでいった時期とは確かに不安定な時期でありました。まずは思春期、続いては皮膚炎の悪化などから来る病気、そうした不安定さの中でそれらの存在は私を支えていたものですし、それ等が無ければ今がなかったのは多くの場合、確実なところでしょう。
 その様な経験を踏まえますとこのコラムの、最終的な結論はまた別としても、着眼点や筆の運びは面白さと共にそれなりに納得を抱けてしまえる限り。
 更に、これはあくまでも勝手な考えではありますが、同人から生まれ、色々と評価はされるもののひとつの大きなジャンルとして成長し、また存在している「東方project」の有する魅力だとか人気の源泉の一つとしてもあてはめられるのかもしれません。

 即ち、こうした価値観を多くの人が無意識の内に持ち合わせているのであれば、現実の世界への不安感が強ければ強いほどに東方の存在は強いものになる、と言う事が出来ます。
 それは正に東方で言う「幻想郷」の在り方、外の世界で忘れられた、あるいは否定された存在が在る事の出来る世界そのものではないでしょうか。また、前世紀たる90年代から存在していた東方が、2002年のZUN氏による再開以降に急速に勢力を拡大したのも、世相を振り返れば2001年9月11日の同時多発テロの直後であり、その余波は今なお世界各地に響いているものです。
 そして日本を振り返れば、バブル崩壊以降継続している、主としては経済的な不安定さがずっと存在し、それは更に雇用形態の変化となってより強まっているものですし、更に極めつけは2013年の東日本大震災とそれ以前の価値観や秩序を揺さぶる、あるいは崩壊させる出来事が続いてきたのは見逃せません。
 最近では「艦これ」等の新勢力の台頭はあるとは言え、今なお、各地で東方系の同人誌即売会やら音系イベントが開かれているのを見ますと、矢張りしばらくはこの調子で続いていくのではないでしょうか。

 何せ世間は相変わらずの不透明ぶり。ユーロ危機は少しは落ち着いた感はありますが、世界を見ればシリアやウクライナ情勢はその筆頭でしょうし、国内でも福島原発事故や新たな大地震への懸念等、見通せそうで見通せない出来事は尽きる事はありません。
 そうなってきますと改めて、私としては東方がより興味深く思えるものですし、またより愛着を抱けてしまえているものになつているのだ、と気付けたもの。
 取り敢えずは今夏以降、また幾つか東方で同人誌を出す計画もしておりますし、その辺りの見通しも改めて確認して、今後も趣味のひとつとして楽しんで行けたらと思えてならないものでした。
posted by 冬風 狐 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人・各種連絡・サイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395763387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック