2014年03月25日

久々にサイトのリンクを整理

 どうも久々にネット上のアンケートなぞに回答してみた狐です。
 今回したのはドイツ・日本研究所( http://www.dijtokyo.org/?lang=ja )とベルリン・フンボルト大学が実施している「日本文化とドイツ文化間の共通点や相違点を見つめ直す、という研究プロジェクト」の資料集め、との具合の様です。
 見かけたのはTwitterにてフォローしている日独協会( https://twitter.com/JDG_Tokyo )のツイート( https://twitter.com/JDG_Tokyo/status/447954214795218945 )からでして、ふとした時間の合間にしてみた次第。アンケートの内容については詳しくは書きませんが、要は国際心理学のモデル集めの為のアンケートとの事でデータを匿名で提供する見返りに、その時の回答内容を元にした性格判断が示される具合となっていました。
 もし気になる方はしてみると面白いかもしれません、アンケート実施先のURLはこちら( http://www.you-and-the-world.info/ )となります。一部の日本語にやや難がある以外は悪くない内容ではあると感じたものでした。

 さて久々にサイトのリンクを整理してみました。
 これまでにも幾度かしてはいるものですが、今回もリンク先が消えているケースがそれなりに見受けられましたのでそうしたサイトへのリンクの撤去の他、TF系サイトへのリンクをまとめているリンク2番線内にあるサイトを小説系・イラスト系・情報系と分類し直す等してみました。
 同時に2011年に設置して以来、殆ど更新していなかった同人系サイトへのリンクをまとめたリンク7番線自体を撤去。その他、リンク5番線にまとめてありましたジャンル別の登録型リンク集も半ばは消えていましたのでそちらへのリンクの削除も合わせて実施したところです。

 こうした作業をしていますとかつて、個人サイトを作るのが当たり前であった時代にあったサービスの多くが機能停止、あるいは存在していてもただあるだけ、になっているのを何とも感じさせられてしまうものです。
 咥える形とはなりますが今回の更新では、矢張り2005年ころには盛んであった、いわゆる「同盟」へのリンクもトップページより全て削除しました。
 これも最近ではすっかり見なくなりましたが、かつては自らの趣向だとか好きな物を示すべくのバナーを自らのサイトに貼る、と言ったのが流行ったもので当時の私もそうした物をしていた、そんな名残であったと出来るでしょう。
 あの頃はそうした物が「常識」であった訳ですが、もの数年でSNSを始めとした新たなサービスに取って代わられたのを目の当たりにしてしまった身としては、今の常識もまた一体どれくらい先までもつのだろうか、そんな事をふと浮かべてしまえる夜なのでした。

 一方でリンク2番線には新たに2つ、新規リンクの追加も致しました。こちらに関しては何とも嬉しい限りであるのは言うまでもありません。
 昨今ではすっかりピクシブだとか、そうした創作系SNSが常識とはなっていますが、そうしたSNSとは違った使い勝手の良さが個人サイトにある以上、今後とも私自身も運営を続けていきたいものですし、新たなリンクの追加についても機会見つけ次第、積極的に行っていきたいところです。 
posted by 冬風 狐 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人・各種連絡・サイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392549461
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック