2014年01月21日

久々の分家更新と掲載小説に関して

 どうも朝からグリーンティーが美味い、と飲みつつキーボードを叩いている狐です。
 最近はどうにも寒い日が続くので暖かい飲み物の摂取が増えて仕方ありませんが、ふと振り返ると日本よりも寒いベルリンだとかにはこう、手軽に飲める温かい飲み物は乏しかったもの。
 暖かいもの自体はあるにはあるのですが、カフェだとかそう言うところで手に入れる、との感覚が強く、日本見たく自販機に行けば温かい飲み物が並んでるのはまずない光景であったのを思い出しつつ、のんびりと朝の喉を潤しているところでした。

 さて昨日は久々に冬風分家(http://yellow.ribbon.to/~fuyukaze2/ ) の更新をしてみました。最後に更新したのが2012年と2年前でありましたから、かなり久しく放置してしまったものでして時間の経過を感じると共にサイト内のコンテンツを見ますと、自らのサイトでありながら、ちょうど東方に触れて間もない頃の更新が最後であったのだなと見てしまったものです。
 一応、解説しておきますとこちらの冬風分家は、冬風書館の「分家」故にその様な名前になっている次第で、専ら扱うのは二次創作小説となります。2005年の開設当初から二次創作TF小説、特にポケモン関連がメインでありましたが、最近は私自身が一時期、急速にポケモンへの興味を減じてしまった事もあり、長らく更新が途絶えてしまった、と言えるでしょう。
 また、2012年頃より新たに題材として加えました東方project二次創作小説に関しても、当初こそ書いていたものの、どちらかと言えばコスプレもセットにした即売会サークル参加による、同人誌としての頒布( http://fuyukaze.sakura.ne.jp/doujin/annai.html )がメインになってしまった事もあり、結果としてサイト上のコンテンツとしては中々力を入れる事が出来ぬままに、2012年の更新を最後に2014年1月まで過ぎてしまったと出来ます。
 最も、私としては何時か更新を、とは考えておりました。加えて東方小説に関しても全てのネタを小説化して同人誌に収める事は現実的ではありませんので、その辺りの折り合いをつけた上での、あるいは着けられるだけの、私なりに東方二次創作の感覚と言いましょうか、そうしたものが得られてきたからこその久々の新規掲載に至ったとしたいものです。

 今回掲載したのは東方風神録に出てくる、秋を司る二柱たる秋姉妹を題材とした小説になります。内容としては私なりの秋神、即ち豊穣を司り妹神、また冬を迎える準備を整える姉神と対となっている二柱の神が持つであろう「欲」の部分に関して、でありますから性的描写を多分に含んでおります故に18禁小説となっています。
 当初は読みきりで終わらす予定でありましたが、書いている内に色々と膨らんでくる、また下敷きとなったTwitterでのやり取りを踏まえますと、中々に盛り込みたい要素が色々と出て参りましたので、その辺りを可能な限り補うべく、全体としては3話構成ほどで完結させようかと考えております。
 最も、この辺りは大いに変動があり得ますから、私自身どうなるかは分からないものの、それ以外に温めている、あるいは頂戴しているネタとも合わせてじっくりと、適度に捏ねて出していきたく思いますから次の更新をお待ち頂ければ幸いに思う限りです。
posted by 冬風 狐 at 07:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 同人・各種連絡・サイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自作小説の未完結作品へのリンクがありません。
竜化の【若気の至り】です。
ご確認お願いします。
Posted by Forest at 2014年02月01日 01:43
>Forestさん
 ご指摘ありがとうございます。
 早速確認しましたところ、確かに「若気の至り」へのリンクが外れている事が確認できましたので追加させて頂きました。
 現在、サイト内の配置換えなどを順次行っている関係もあり、細心の注意を払って行っておりますがこうした手違いがまたありましたら、ご指摘下さいましたら幸いです。
 それではこの度はありがとうございました。
Posted by 冬風 狐管理人 at 2014年02月08日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385711979
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック