2013年12月28日

冬コミ(C85)参加の案内と参加前の反省点

 どうも12月の日々の経過の早さに何とも目が回ってしまう狐です。
 この1ヵ月振り返ると月の頭から色々と唐突な事が相次ぎ、何とか予定していた事を8割方こなせた、と言うのが実際のところでありましょうか。
 特にコミケ関係だけを見ると当初予定していた事の半分も出来ていない有様でありまして、先の夏コミに続く久々の冬コミ参加として結構意気込んでいたものですが、昔と違った環境の変化にかなりの部分で経験に基づいた計画がマッチしていなかったか、と感じているところです。

 よって今回、新刊として頒布予定でした今泉影狼とパチュリーの現実入り本については、制作が間に合いませんでしたので頒布を見送らせて頂きます。この為、頒布するのは既刊本のみとなりますが、こちらに関しましても原稿をする時間が開催日まで見込めない事から以下に掲載する現状である在庫のみの頒布とさせて頂きます。
・秋とヤマメの恋話
・燐火模様
・椛の一日散歩
・佐渡から来た狸―佐渡発幻想郷最寄駅行片道切符―
・東方雛椛誕―集める者・守る者―
・東方異妖譚―巻ノ一
・東方変化譚―犬と狐とスキマと鴉・前編
・東方変化譚―犬と狐とスキマと鴉・後編

 これ以外の既刊については当日、持って行く事は出来ませんが購入希望とお伝え下さり、代金をお支払頂けましたら、後日、郵送にて指定された住所宛にお送り致しますので合わせてご検討下さい。なお現在、冬風書館として頒布対象としている同人誌については以下のページをご覧下さい。
http://fuyukaze.sakura.ne.jp/doujin/tsuhan.html

 以上、色々と整わない状態ではありますが冬コミに参加自体はしますので12月30日は東パ43b「冬風書館」を何卒、よろしくお願い致します。

 さて振り返りに戻せば、大きく変わったのは個人サークルから小規模とは言えサークル「冬風書館」が合同サークル化した事でしょうか。以前、即ち6年ほど前も挿絵等は交流のあった方に依頼するなど、完全に全てを私のみで取り仕切っていた訳ではありませんが、基本的には多くの事を私だけでしてしまえる、のが前提とも言えるものでした。
 しかし、複数人となりますと矢張りある程度、協調して事に当たらねばなりません。この点で私自身、まだまだ上手くコントロールが出来なかった、また情報共有等の幾つかの点で大きな手抜かりがあった事は否めません。この点は今後のサークル活動をする上での大きな教訓として生かしていきたく思う限りです。
 そして続いては私自身が色々と多忙になっているのもまた大きなものでした。昨年末以来、引越しだの何だのと大きな変化を多々して参りましたが、先月から今月にかけては一旦落ち着いていた仕事が再び多忙さを増し、どうにも体の疲労も勘案すると原稿作成だとかに割く時間を削らねばやっていけない状況にすっかりはまってしまったものでした。
 その点ではより長い目で見た準備を行わなければならないのでしょう。特に夏コミに続いて冬コミに参加する時等はその期間の短さも考えると夏コミの辺りには、取り掛かっておかないとどうにもならないのではないか、と感じているものです。

 色々と他にもまだまだ思うところはありますが、主な点としたら大体、上に書いた通りでしょう。それ等を踏まえて来年以降も引き続き、サークル活動を東方にTFに公共交通に、と行っていきたく思いますので、今後ともよろしくして頂けましたら幸いに思います。
posted by 冬風 狐 at 04:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 同人・各種連絡・サイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良いお年を。
Posted by シブック at 2013年12月31日 00:39
>シビックさん
 年は明けてしまいましたが良いお年を!
Posted by 冬風 狐管理人 at 2014年01月04日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383755269
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック