2009年09月06日

1面記事で朝日を買う朝

 どうも国土交通省が高速道路無料化試算をしていた、と言う1面記事に惹かれて久々に朝日を購入してしまった狐です。
 朝日自体、前に自ら購入したのは何時だったか、と言う思いもありましたが、何よりも矢張り気になる話題でありますから、こうなったのは必然であったのでしょう。
 内容に付いては読んでいてなるほど、とは思ったものではありました。しかしながらあくまでも道路単体で見た試算である、と言うのは見落とされてはならないと思います。
 記事中でも当然、環境負荷、競合する公共交通機関との兼ね合い、そして維持管理の問題に触れられておりましたが、どれも重要な問題であるのは事実であるからこそ、公約実現だけを目的としての断行だけは避けて欲しいものだと感じられたものでした。

 特に競合する各交通機関との兼ね合いは、以前から自分も触れていますが雇用に直結し兼ねません。特に打撃を受けると考えられるのが、既に一部で廃業が発生したフェリー会社と高速バスで収益を上げて、何とか地域内の路線バスを補助金も得た上で維持している様なバス会社ではないでしょうか。
 またそう言った企業は地方であればあるほど、その地域に根ざし、グループ企業を幾つも抱えている。つまり交通と言う狭い分野にとどまらない影響力があるのが多々見受けられます。よってその地域の雇用を支えている重要な存在であると言えるのでして、過去に福島交通が会社更生法、茨城交通が民事再生法を申請した折には各地域内では大きな話題となった訳です。
P9060744.JPG
 だからこそ自分は、確かに車を持っている利用者にとっては美味しい。しかしそれ以上の雇用の安定性が揺らぐ危険にして、人心をかき乱す様な、車を主に使う恩恵を受けるような人たちまでも巻き込んでしまいかねない、深刻な危険性をもたらす打撃をより広範に与えかねないと政策、つまり高速道路無料化に対して懸念してしまいます。それは文字通り景気回復の目を摘みかねないパッと見は良いものの、実は、と言う政策と言えるでしょうから、だからこそ余りに固執すべきではないと考えてしまうのです。
 むしろ地域主権、地方自治と言うなら交通政策に関する各種権限を、より都道府県や政令市レベルにもっと付与するとか、そう言う政策を打ち出し、切り替えた方が利権官庁と呼ばれる国交省の実質的解体も可能になる訳で、より強く改革をしたと言う印象を与えられるのではないでしょうか。
 少なくとも地方に権限があったほうが、より地域の実情を考慮した政策が取られると期待出来ますし、仮に中央が決めた事と同じ事がされても、短期では中央から押し付けられたと言う印象が和らぎ、長期ではより自治や責任と言う概念が育まれる土壌にもなり得ましょう。

 そして何よりも忘れてはならないと自分が考えるのは、人は衣食足りて礼節を知る、そう言う存在であるのは古今東西変わる事はない、との事です。
 つまり礼節を安定した雇用と収入に、そして礼節を消費や環境問題等とかに言い換えれば、この問題はより単純に考えられるのではないでしょうか。あれもやるこれもやる負担は減らし増やさない、の総花的で見た目は良く甘い、ある意味野党らしい思考で何時までもいてもらっては困る、と感じてしまうのでした。

 写真は本日撮影の那珂湊駅前に停車中の茨城交通バス。拍手と書き込みへの返信は明日以降に行いますのでしばらくお待ち下さい。 
posted by 冬風 狐 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史・時事・民俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127453592
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

朝日新聞による信じがたい「スクープ」
Excerpt: 朝日新聞の高速道路「無料化」に関する「スクープ」は、何と半年前に報道されて周知のものでした。
Weblog: 熱帯夜 - points of view -
Tracked: 2009-09-12 00:03