2009年09月03日

【拍手返信】Google地図の外国地名表記

 どうもふとgoogleの地図を見ていますと、欧州地域の地図には日本語での地名も添えられているのになったのに気づいた狐です
 ベルリン都心部( http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=52.520974,13.373837&spn=0.012639,0.026736&z=15 )を例に見ますと本当に小さな街路まで日本語が添えられており、中々便利になったものですが一方ではドイツ語表記が消えてしまっている街路も見られ、現地ではどの様に表記されているのか、分からなくなってしまった点は致し方ないとは言え失点でありましょう。
 お盆前に見た時は振られていませんでしたので、ここ数週間にされたのではないかと推測されるところです。とは言えブランデンブルク門付近を拡大しますと、2ヶ月ほど前に開通したBerlin.Hbf(ベルリン中央駅)〜Bundestag(連邦議会)〜Brandenburger Tor(ブランデンブルク門)を結ぶ、U-BahnのU55が一切書き込まれていない点がある等、そう言う誤差の方がわざわざ振るよりも重要な点なのではないか、と勝手ながら思えてしまったものでした。

 最もこれを目にして隣国でありながら、ハングルと言う独自の文字を使っているが故にある意味、殆どの日本人が英語教育を通じてある程度は馴染みのある、アルファベットを使って表記されている欧州よりも分かり辛い韓国はどうなのかと気になり、試しにソウル近郊の韓国鉄道博物館がある義王駅(ウィワンヨク)付近を検索してみました。
 ところがこちら( http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%EC%9D%98%EC%99%95%EC%97%AD&sll=37.321453,126.947673&sspn=0.132144,0.21389&ie=UTF8&ll=37.32096,126.950927&spn=0.016518,0.026736&z=15 )には全く振られておらず、分かり難さは相変わらずであったり。
 義王駅はハングル表記では「의왕역」と書き、前述した様に「ウィワンヨク」と発音するのですが一応は韓国も漢字文化圏でありますので、漢字表記とハングル表記が地名に付いては一部例外はあるものの、双方共に存在しています。
 矢張り日本人としては歴史とか文化とか、そう言う物を抜きにして純粋にどちらが分かり易いかとなりますと、馴染みのないハングルよりも漢字表記、そして英語教育を通じて接するアルファベットの順になる訳です。
 そう言う事も考えますとハングルよりは馴染みのあるアルファベットを用いる地域の地名に日本語の読みを付けるよりも、個人的にはハングルとか独自の馴染みが薄い文字の地域にこそ、欲しいものだと感じられてならないところでした。

 それでは拍手返信としたいと思います。
>hiroさん
 前回拍手での「初期の進行」と言うのは侵略の取っ掛かりの分かりにくさ、と言う事です。言ってみれば膵臓とかのガンみたいな物で、発覚した頃には手遅れぎりぎりかもう手遅れ、と言う様なそう言う流れを意識しておりました。
 「W3」は自分も読んだ事はありますが、確かに時間の逆行とかそう言う要素を上手く取り入れていたと思います。上官の命令に逆らう、と言う点は何とも当時の世相を反映しているなぁと感じてしまうところです。「猿の惑星」についてはhiroさんが書かれたのと同じ意図でこちらも書きましたが、やや文脈がずれていた様で分かり辛く失礼しました。
 「ザムザ復活」絡みでは矢張り想定された正規のやり方でない場合に起きる、予見出来ない事態と言うのは実際に生活していて有りうる事でありますから、その様には良く考えています。一番分かり易いのが薬の過剰摂取とか、その辺りでしょう。これについては過去に確か小説にした事があったか、と思えます。
 「シェルダーとヤドキング」についてはなるほど、では人が噛み付かれたら?と言う事となりますと自分はそれに触発されてヤドキングになり、シェルダーが外れてもヤドンになったまま戻れないと言うのは良いですね。確かに以前返信しましたシェイミのスカイになって元に戻ろうとしたらランドになってしまい、人に戻れなくなってしまったと言うのと通じる内容でしょう。
 最も自分は派生した内容になってしまいますが、噛み付かれた人がむしろシェルダーかそのまま飲み込まれて融合してしまい、そしてヤドンに噛み付く、と言う流れも面白いかなと思えます。この方が混ざりに混ざり合ってしまうので元に戻る、と言うイメージが湧きにくくなりますし混ざれば混ざるほど、人としての何かも薄れて不可逆に、と言うイメージが色濃くなると思えたものです。
 それではこの度も拍手ありがとうございました。
posted by 冬風 狐 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行・公共交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127144101
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Google地図がカタカナ対応
Excerpt: Google地図で海外の地名がカタカナ表記になったというので見に行きました。 見本では"Avenue des Champs-Elysées"が「シャンゼリゼ通り」になっていますが、オランダの某有名地名..
Weblog: 酔狼亭日誌
Tracked: 2009-09-05 13:48