2009年07月21日

【拍手返信】その発想は・・・

 どうも何かになって見たいと思うことはしばしばですが、流石に行動に移すのは色々と難しく思う狐です。
 意識的になりきるとかそう言うのは容易い、と感じられるもののそれ以外の、例えば服装とか食事とか物理的な面からもそうなって行こうとし始めると、それこそこだわり出せば出すほど手間と時間、下手をすれば資金も要するものになってくるものです。何よりも対象が自分から遠ければ遠いほど、その実現と言うのは困難になって来る訳ですから、どこかで線引きをすると言うのが矢張り一般的な知恵でしょう。
 とは言えそれをしている当人にとっては至極大真面目であり、またそうしなければならないと言う強迫観念とでも言えるものを自ら作り出して、染まり切ってしまい良くない結果を招いてしまうと言う事もまたあり、ふと理解できる点はあります。だからこそ今回、ふとこの様な事を浮かべるきっかけとなった報道( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000001-rcdc-cn )は、正しくそれと言えるのではないでしょうか。
 記事によると中国人の少年がトランスフォーマーに憧れて、それになりたいとガソリンを飲み始め、親が止めさせたにも関わらず、知らないところで飲み続けて結果的に中毒者になり、脳に深刻なダメージを負ったとの事。正しくこれこそ憧れ過ぎてしまったが故の悲劇、と言えるでしょう。
 とは言え読んでいて感じたのは、途中から当初の目的はあくまでも手段に変わり、それを実現させる為の手段と考えていたガソリンの摂取と言うのが目的になっていたのではないかと言う事でした。だからこそ禁じても摂取を続けたのでは、と考えられてしまう訳で今後、この少年の状態がどうなるかは分かりませんが目的と手段が入れ替わる事の恐ろしさを、ふと感じてしまったものです。
 そして同時に感じたのはガソリンを飲んでも人間は死なないのだな、と言う事でしょうか。そもそも飲もうと言う発想が沸いて来ない代物であるだけに、ある意味信じられないのも否定出来ません。

 さて今回も拍手返信となります。
>hiroさん
 毎度の拍手投稿ありがとうございます。
 ポケットモンスターSPECIALに付いては書き込まれた内容から記憶を手繰ってみますと、矢張りジョウト編は読んでいませんね。ただレッドが行方不明になったと言う件は読んだ記憶がありますから、カントー編は一応一通り読んでいたと考えます。とは言え矢張り印象に最も残っているのが、あのイーブイに絡んだ箇所でして、そう言う点から考えると今のブイズ好きに至る萌芽だったのかもしれません。
 とは言え自分がそれを元にして書いた「弐百十七番道路ニテ」との関係性はあくまでもモデル、と言うものであります。ですから原作のイーブイの様に自在に元に戻れるのかどうか、と言う点に付いては自分は基本的には不可逆の路線で考えていましたから、1度なってしまったらあのままと理解して頂けたら幸いに思います。

 また石の効用ですが自分はランダム、つまり摂取した「しんかのいし」が作用するポケモンの何れかになる、と考えながら書いておりました。なのでブイズに作用しない「しんかのいし」を摂取してもブイズの何かになる事はありません。リーフィア・グレイシアの場合はこの科学者であった男が担当ではなかったので、その場に該当する石はないと言う事にしてあります。
 よって「ほのおのいし」の場合はブースターかキュウコン、あるいはウィンディの何れかに進化する可能性があり、どれになるかはランダム。一応はその人の能力等の反映も経た上でなるので完全にそうではありませんが、主人公の少年の場合はブースターであったのであり、キュウコンになったヒトはその姿が適していたからこそ、なったと言えます。
 自分がポケットモンスターSPECIALとめぐり合ったのは、書店であっただろうと思います。ポケモンではありませんが変身と獣人と言う概念とであったきっかけのWILDHALFの場合、hiroさんがポケットモンスターSPECIALに出会ったのと同じ様な、と言うよりも全く同じ場面でありましたから、出会った対象が異なるとは言え何とも興味深く感じたものです。

 ポケモンの体重は確かにそうですね、体重に限らず身長、はたまたその設定等が色々とあれ?と思うのがありますが、そこまで主要な要素とそれらが当初であればあるほど見做されていなかった。つまりここまで長生きするゲームになるとは思われていなかった、と言う事なのかも知れませんし、逆に言えばそれ等の曖昧な点があるからこそ色々と考察し甲斐があるので、結果として良い事であると自分は思っています。
 シェイミのランドとスカイの体重の差はうっかり失念しておりました、それだけ差があったとは・・・矢張り前述の通りに捉えているとは言え、矢張り気になりますし何かネタにつなげられたら面白そうだと感じたものです。
 なおこの話は獣化における「内面からの獣化の問題」ともリンクしている面があるかと思います。ポケモンにおける「しんか」は変態に近い点がありますし、獣化もそう言うものだと考えればよりそうだと言えましょう。

 自分の場合は中身と肉体の分離、として考えている時もあります。つまり肉体が変わり、ヒトとしての記憶等を収めるのに不適当な構造となっても、そう言う部分たる中身は、語弊があるかもしれませんが魂として分化する。つまり肉体は変形可能な容器、思考や意識にあたる物は魂と言う普遍な中身と区別してみるのです。
 よって鰭や翼と言ったヒトにはない部位に関する点は変化した肉体(容器)が本能として覚えている、と考えられます。そこに中身が入り定着し結び付き近しい部分が対応し融合する事で、有効に機能する物と出来るのでしないでしょうか。なお逆に言えば中身の変化により、その新しい中身に対応すべく肉体が変わると言うのも有り得る訳です。こちらについては憑依系ネタで使えるでしょう。
 「スライム」にてどうしてその様な変化を起こしたと言うのに、「記憶」や「人格」が保たれていたのも、そう言う分離があったからとすれば可能になるでしょう。
 色々と考察し出すとそれはそれで面白いだけに、今、自分が述べた事はやや乱暴で無茶な点はあるのは承知していますが、そもそも獣化とか変身と言う行為自体が色々と議論の余地を含んでいるだけに、その様に考えて書くのに支障が出るほど考察をしない様に、自分にブレーキをかけている点もあります(苦笑

 さなぎか幼虫を模したスウツは形としてそのままだと厳しそうですが、着てから変形する一見すると少し変わって色や模様をしたゼンタイ的な物で考えれば、着ると言う点の問題はかなりクリア出来ると思います。同時に何か精神的に落ち着かせる匂いや成分を含ましておき、その中に身を投じるとそれにすっかり包まれて気が付くと眠ってしまい、そして目を覚まして脱ごうとしたら、として成虫や脱皮等に繋げてはどうか?と自分は浮かんだものです。
 ピカチュウのネタに付いてはちゃんと届いておりますのでご安心下さい、返信の中で触れてはおりませんでしたが「ポケモン化副作用ネタ」の1つの流れとして認識しておりまして、異様にその地域に多いポケモン等は過去にそう言う流れがあった、と言う話としてピカチュウ以外にも応用出来るのではないでしょうか。ダイパですと序盤のコリンク当たりも良いかもしれません。
 先祖として、と言う点は最近の映画の流れを、またミオシティの図書館の話も絡めて考えると伝説系には、そうして見守る、また世の秩序を護ると言う点が極めて濃いと思えますからある意味必然なのかもしれません。

 「ふしぎなメルモ」の名前は知っておりますが読んだ事は生憎ありません。とは言えその理屈に付いては自分もかねてから同様に考えていたので、大いに通じる所があります。またそれが高じて、今ではある意味、人間はヒトとしてそう言う素材に一番向いているのではないか。つまり肉体的な点で色々と変化させる事がまだまだ可能なのではないか、とすら思う時もあります。
 よってhiroさんの書かれた敵組織がダークポケモンを作るシチュはヒトにも十分可能、そもそもポケ世界はマサキの融合の件、そして度々触れているミオシティの図書館の件もある様に、ヒトとポケモンの壁が実はかなり薄い、と考えられますからそう言う組織のバックがある大規模な施設があり、ロケット団やらギンガ団で使うポケモンの一部はそこから供給されている、と言うのもありでしょう。
 スイクン・ライコウ・エンテイについて、その誕生の過程でヒトも絡んでいたと言うのは、実は的な秘話として十分に可能でしょう。その方が公式設定も色々と反映されやすくなりますし、何よりも個人的にそう言う展開は好きなだけに中々刺激されたものでした。
 そして伝説系ですと確かに、唯一しかいない筈であればあるほどそう言う流れは可能ですね。ただあくまでもその担っている役目が違うから、とすれば姿や能力が同じで紛らわしいものの、本来の役目と言う点で棲み分けが可能なので何とか対処出来るかとも思います。この点、また今回述べた点の多くは設定による点がかなりありますので、これと断言出来ないのがもどかしくはありますが、1つの考えとして受け止めて頂けたら幸いです。
 また今回も指摘して下さいました修正点に付いては、近日中に手を付けますので今しばらくお待ち下さい。
 それでは今回もありがとうございました、失礼致します。
posted by 冬風 狐 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ポケモン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123981012
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ポケットモンスター エメラルド
Excerpt: ポケットモンスター エメラルドの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ポケットモンスター エメラルド」へ!
Weblog: ポケットモンスター エメラルド
Tracked: 2009-07-23 15:43