2016年08月10日

【web拍手返信有】TF(獣化)要素の詰まった都営交通マナーポスター

 どうも、神社巡り等で歩き回って日に焼けた姿から「何かスポーツでもしてるの?」と聞かれる狐です。
 神社巡りと言っても中々に理解してもらえないのはありますから、実のところ、こう尋ねられるのは結構都合が良いもの。故にあちらこちらを散歩ないしウォーキングしながら神社とかに立ち寄ってる、と返すと中々に話が、神社だとかを前面に出すよりも弾んだりするので、今後も使っていたい、そんな返し方のひとつなのでありました。

 さて、東京に行くとJRは山手線含めて余り使わず、大体は1日券等を買って地下鉄で移動する事が多いものです。その中でも都営地下鉄はメトロに比べて、良く行く東京東部方面に路線網がある、また比較的空いていて結構な確率で座って楽に移動出来るので好んで以前から使っているものです。
 そんな先日、新宿線馬喰横山駅から浅草線東日本橋駅に乗り換える際、こんなポスターを見かけてTwitterに投稿したものでした。



 見ての通り、これは都営地下鉄のマナーポスター。以前より奥に貼られている虎を題材にした「駆け込み乗車防止」啓発ポスターは利用する度に見かけていたものの、手前側にある鴉を題材とした「歩きスマホ防止」のものについては初めて見かけたから、以上にそのデザインがとても琴線に触れてしまい、しげしげと眺めてしまったものでした。
 特にこれは、と注目してしまったのは上のツイートでも触れている通り、ただ鴉の被り物をしているだけではなく、尾羽と思しき部位がちゃんと描かれている点。大体、鳥をモチーフにした場合、良く見かけるのは嘴、また翼と言った特に見える部分が一般的であり、尾羽だとか足の鱗だとか、これぞ鳥らしさをより増させる部位が描かれるのは中々見かけません。
 加えて鳥自体が好き、特に鴉は好みなものですから余計に反応してしまった、と言えるでしょう。そうした色んな点から何とも楽しめる内容に、その後も都営地下鉄を利用して見かける度にくすぐられてしまう、そんな具合でありました。

 それ故に昨日、浅草駅より浅草線に乗り込む際に何気なく、改札口にあるモニターを何気なく見るとこの啓発ポスターの動画版が、また良いタイミングで流れ出すではありませんか。生憎、それは先にポスターにて注目したものではなく、「駆け込み乗車防止」バージョンの動画でありましたが、思わず足を止めて見てしまったのは言うまでもありません。
 最もその時は次の用事に向かう手前もあったので、間もなく来る電車に乗るべくホームに下ってしまいましたが、またしばらくして用事も終わり、さて帰るかと地下鉄浅草橋駅へ。そして時刻表を見れば、乗ると都合の良い京急線直通電車が来るまでしばらく時間があるのは、普段なら大分待つなぁと思ってしまうものですが、その時ばかりはこれぞ良い巡り合せ、としか浮かばなかった次第。
 故に休日の夜、人も疎らな改札内にて浅草駅のものと同様なモニターの前で構えていれば、都営沿線案内等の動画に続いていよいよ流れ出したのがマナー啓発の動画。
 それも嬉しい事に先に見たものではなく、私が注目するきっかけとなった「歩きスマホ防止」バージョンで、その際に撮影し、後ほどTwitterに投稿したものが以下のものとなります。




 
 浅草駅にて見かけた「駆け込み乗車防止」バージョンの時点で、これはTF(獣化)描写絶対あるだろう、と見込んでいましたが、いざ見ると思った以上に手が込んでいてこれは大変美味しいもの。足跡が人のものから鳥のものになるのも、これはこれは良い意味で気持ちをくすぐられてしまいます。
 加えて最近の趣向として、着ぐるみを介したTFだとか、そうした方面に関心が以前よりも強くなっているのもあり、琴線に触れるなんて優しく書けるレベルではない、最早爽快さすら感じられるものであったのは言うまでもありません。

 なお、これ等の動画やポスターについてはツイート後に調べてみると、東京都交通局の公式サイト内で公開( http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/fan/manner.html ) されておりましたので、より詳細を、との方は是非ご覧になる事をお勧めします。特に私が当初そこまで関心を払わなかった「駆け込み乗車防止」バージョンでは、ほぼ完全なTF(獣化)描写が見受けられます。
 都営地下鉄のマナーポスターは毎年テーマが変わり、かつ4種類程度は作成されるので、今回のシリーズもあと1つか2つはバージョンが出て来るのが予想出来ますから、さてどんなものが出て来るのだろうか、と言った期待を抱けてしまうばかりでした。

 さて末尾となりますが、Web拍手に「サイトが文字化けして読めない」とのご意見を頂きましたので、こちらにて回答させて頂きます。
 サイト、即ち「冬風書館」は基本的な構造が10年余り前にサイトを開設した頃と変わっていませんので、最近のスマホやタブレットでは文字化けが出てしまうのが避けられない状況にあります。
 その為、トップページやここ1年余りで掲載した小説については対応を行っていますが、全てのページに対しては行えていない為、閲覧環境によっては文字化けしてしまうのが避けられない状態となっています。また現在行っている一部ページでの文字化け対応も、暫定的なものであるので、全ての文字化けに対応出来ているかは検証が出来ておりません。
 長期的にはサイト自体の大幅な改装を予定しておりますので、そちらで対応する予定を立てていますが具体的に何時までに、とは現時点では示す事が出来ません。大変申し訳ない限りでありますが、今しばらくお待ちいただければ幸いに思います。
posted by 冬風 狐 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 変化・変身・獣関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする